先輩の声

02
基本を身につけた上で、
お得意先の声をカタチにして、
すべての要望にお応えできる
スペシャリストを目指していきたいです。
榎本 明日香
医療システム事業部 サポート課
PROFILE
出身地:埼玉県
学歴:文教大学人間科学部臨床心理学科
入社年:2017年4月
Q.鍋林を選んだ理由は?
商社というと企業間でのやりとりが中心というイメージがありました。でも説明会で、医薬事業部や医療システム事業部の話を聞いて、鍋林なら間接的とはいえエンドユーザーに関わることができると分かり興味を持ちました。特に、鍋林では「地域の診療所と総合病院をネットワークで繋ぎ、患者さんの情報を連携するサービスを提供している」と聞いて、自分のなかで馴染みのあった診療所と馴染みのなかった総合病院が一体となって患者さんのケアに取り組んでいることにびっくりしました。この事業に関われれば、やりがいもあり永く働けると思い鍋林を選びました。
Q.入社後の印象は?
いままで大学で学んできた心理学とは違う、まったく知識のない部署への配属で、最初は不安もありました。でも、メーカーの勉強会や展示会なども多いので、それに参加して新しい分野の知識を積極的に吸収しています。まだまだ分からない事も多くて大変ですが、教えてもらうばかりではなく、まわりの皆さんの行動を見てお手本にしています。
Q.仕事上で印象に残っていることは?
先輩方と同行していると、どの先輩も技術者として自分の持っているスキルに誇りを持ちながら、「お得意先の困り事を何とかしたい!」という強い気持ちで取り組んでいる姿が印象的でした。
実際にお得意先の方から『助かった』『使いやすくなった』という声をいただいている場面を見ると、先輩方が築き上げてきた信頼関係の強さを感じました。私自身も早くお得意先のパートナーとして、かけがえのない存在になっていきたいです。
Q.オフの過ごし方は?
地元の埼玉にちょくちょく帰っています。大学時代は軽音楽部でキーボードを担当していたので、その活動の一環としてOB・OGライブに参加する練習をしているんです。年上の方と一緒に演奏させてもらったりしていて、そうした時間からも新たな刺激をもらえます。週休2日制ということで「休みは何をしようかな?」と考えるのが平日の楽しみでもあります。
Q.これからの目標は?
今は入社したばかりで技術も知識も何もない状態なので、色々なことを学び、とにかく一人前になることが目標です。実際にお得意先にうかがって問題を解決するスキルを身につけるまでには「3年かかる」と言われています。自分が習得するべきものを焦らず、一つひとつ着実に身につけていきたいです。
そして、基本をしっかり身につけた上で、お得意先の声をカタチにして、すべての要望にお応えできるスペシャリストを目指します!
Q.入社を目指す方へのメッセージをお願いします。
鍋林は、営業職以外でもお得意先との関わりがとても大きいです。電話での注文・お問合せなど最初は慣れないことばかりで戸惑うこともありますが、先輩方がサポートしてくれるので安心です。 私は、お得意先や先輩方へ「感謝の気持ち」と「笑顔」を心がけながら日々仕事に取り組んでいます。私と一緒に鍋林をもっと笑顔あふれる会社にしませんか。