先輩の声

03
商社はメーカーよりも扱う商品が多く、
かつ鍋林は自分たちで開発や製造もできるという
仕事の幅広さが魅力でした。
梛野 彰吾
ヘルスフーヅ事業部 新潟営業所
PROFILE
出身地:東京都
学歴:明治大学農学部
入社年:2013年4月
Q.鍋林を選んだ理由は?
大学の先輩から商社の仕事について教えてもらった時に興味を持ちました。当初は食品メーカー中心に就職活動をしていたのですが、商社はメーカーよりも扱う商品が多く、特に鍋林は自分たちで開発や製造もできる、仕事の幅広さが魅力でした。生まれ育った東京を離れ、新しい土地で仕事をすることには少々不安もありましたが、鍋林に出合えて良かったです。
Q.入社後の印象は?
入社から半年間は「エルダー」と呼ばれる先輩指導員がマンツーマンで付いてくれます。仕事のことはもちろん、社内のルールやお得意先との接し方など、分からないことだらけの新人にはとても心強く、安心して勉強することができました。また、先輩方の面倒見がとても良いので、今でも分からないことは教えていただいています。人間関係でのストレスは感じたことがありません。
Q.仕事上で印象に残っていることは?
基本的には、メーカーの商品の中から、お得意先のニーズに合った商品を提案することが仕事ですが、時には自分たちで商品を開発することもあります。どういう原料を使って、どんな味にするのか、どういったコンセプトでやるのかなどを検討しながら作ります。そうやって自分の携わった商品が出来上がった時の喜びはひとしおで、心に残る仕事のひとつとなります。
Q.これからの目標は?
各メーカーの膨大な商品の中から、お得意先に最適なものを提案して喜ばれたり、時にはお得意先同士をつなぐことで新しい仕事になったりと、いろいろな活動にやりがいを感じています。さらに最近は、そうした仕事を海外でもやってみたいと思うようになってきました。幸いにも当社には海外事業部があるので、チャンスがあれば、ぜひ挑戦してみたいと思っています。
Q.入社を目指す方へのメッセージをお願いします。
商社での仕事は、営業が中心となります。お得意先との接し方など初めは慣れないことも多く心配事もありますが、先輩指導員「エルダー」が付いてくれますし、研修制度も充実しているので段階を踏みながら安心して仕事を覚えることができます。あとは尻込みすることなく、自分から誰にでもコミュニケーションがとれることが大事だと思います。