先輩の声

03
働いている皆さんの人柄や
会社の雰囲気などをみて
「面白そうだな」と思い、希望しました。
馬場 俊樹
医薬原料事業部 東京営業所
PROFILE
出身地:長野県
学歴:金沢工業大学バイオ・化学部
入社年:2015年4月
Q.鍋林を選んだ理由は?
理系で応用バイオの研究をしていたので、医薬品や食品などを扱う業種を考えていました。最初は商社がどんな仕事をしているのか分かりませんでしたが、インターンシップを通じて会社を知り、時代の流れを読み、常に新しい商品を提案していく、チャレンジ精神を大事にしていることに魅力を感じました。そんな中で決め手は働いている先輩方の「人柄」でした。先輩方が生き生きと仕事をしている姿に、「自分もこんな仕事がしたい」と思いました。
Q.入社後の印象は?
インターンシップの時の印象と同じように、会社の雰囲気の良さを感じました。仕事で分からないことがあれば先輩方が丁寧に教えてくださいますし、ちょっとした失敗や及ばなかった点に対しても、しっかりとフォローをしてくださいます。年齢の近い先輩が多いので、頼れる“お兄さん”のような存在です。現在は東京の医薬原料事業部に所属していて、大学時代に学んだ理系の知識が活かせています。
Q.仕事上で印象に残っていることは?
お得意先から「こういう原料はないか」とお問い合せをいただいたことに対し、社内で調査や検討を重ね、提案したものが正式採用されたことです。とても嬉しかったです。採用までに、健康食品などは1~2カ月、医薬品になるともっと長い日数を要しますが、根気強く商品の良さを伝え、それらが市場へ出た時の喜びは大きく、やりがいがあります。
Q.オフの過ごし方は?
事業所内の飲み会が頻繁にあり、楽しく参加しています。東京事業所はいくつかの事業部の部署が混在する複合事業所ですが、部署間の隔たりがなく、気軽にコミュニケーションが取れる場となっています。別部署同士の横の連携があるので、情報交換など行い、そこからまた新しい提案につながることもあります。
休日もしっかりとれるので、趣味のフットサルをしながら、ONとOFFのバランスのとれた生活ができています。
Q.これからの目標は?
商社という業種は比較的文系出身者の多い業界のようですが、大学時代に学んだ知識や、入社後の専門的な研修などで習得した情報、そして当社の他事業部で扱う商品など多くの情報を持っていることで、理系出身の私ならではのアイデアを活かした仕事ができたらいいなと思います。自分がお客様に提案し、採用されたものがヒット商品になるよう頑張りたいです。
Q.入社を目指す方へのメッセージをお願いします。
今まで何気なく見てきた商品が、大勢の人たちが関わりながら、そこには多くの思いが込められ造られているモノなんだと分かる魅力的な仕事です。
時代の流れを先読みして、自ら新しい商品を提案できるチャンスがあり、そこに挑戦する気持ちや行動を大事にしてくれる会社です。 ぜひ、私たちと一緒にヒット商品を生み出してみませんか。